リーダー人材の退職

せっかく手塩にかけて育てたリーダー人材が、
これからというタイミングで辞めてしまった経験はありませんか?

人は様々な理由で会社を辞めます。
特にベトナムにいると、日本よりもその機会に直面する機会は
多いのではないでしょうか。

「それが文化だから」「日本とは違うから」と言って
片付けてしまうのは簡単です。

しかし、理論に当てはめて考えていけば
傾向と対策を導き出すことは可能で、
少なくとも今よりは理想的な組織を作ることができます。

今回紹介する理論ははるか昔からある理論であり
目新しいものではありませんが、現代でも示唆にとんだものです。
また、私がベトナムで4年間経営者として得たベトナム市場の手触り感も当てはめながら、より現実に即した理論に調整しています。

本資料の目次(合計23ページ)

1.変化する人事部門の役割
2.なぜ組織は失敗するのか
3.知的労働者のためのモチベーション理論
4.ハーズバーグの二要因理論とは
5.なぜリーダー達は不満が無いのに辞めるのか

本資料のKeyとなる考え方のページだけ
こちらに公開いたします。

この構造に興味があったり、
さらに深く知りたいという方にとっては有益な資料となっています。

ご希望の方は是非わたくし安済にフォームからご連絡くだされば
PDFにてお送りいたします。

フォームはこちら

——+———————————————————————————
Viecoi.inc
Director
Akira Anzai
10D1-10D2, Nguyen Thi Minh Khai St,Dist 1, HCM
URL:http://ja.viecoi.work/

 

——————————————————-+———————–