現在多くの日本企業がベトナムに進出しています。しかし、多くの企業は採用活動に失敗します。そしてその多くが、ベトナム人側にのみ問題を求めます。

採用に成功している企業の多くには、ベトナムと日本の違いを深く理解し、正しく明確な採用戦略や基準が存在します。

同時に、採用のみならずその後の育成においても高い成果をあげています。これまで日本国内、そしてベトナムにおいて数百社の採用の現場をサポートしてきた当社が、 本資料を通じてその仕組みの基盤となる考え方をお伝えしてまいります。


Viecoi.inc
Director
Akira Anzai
ベトナム在住5年。学生時代に採用支援事業にて友人達と起業。大企業を中心とした年間採用戦略の立案・実行支援をし、後にマザーズ上場。その後大手IT企業にて新規モバイルアプリケーション事業に従事。2015年よりベトナムにて採用支援サービスのViecoiを創業。妻はベトナム人。

ノウハウ資料内容(全34ページ)

1.ベトナム労働市場の現在を理解する
-産業、企業の変化
-労働者の変化
2.ベトナム人の特性を理解する
-どのような国民性を持つのか
-仕事に対する価値観とは
3.採用を考える
-誰をこのバスに乗せるのか
-ベトナム人をどう評価するのか
-どのようにアプローチするのか
4.育成を考える
-典型的な問題から考える組織の成功要因

無料ダウンロードはこちらから

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です